保湿は顔も体も年中無休!が基本

スキンケアで大事なことはたくさんあると思いますし、人それぞれの肌にもよります。しかし、すべてのスキンケアの基本につながるのは保湿だと思っています。

そしてスキンケア=全身です。

私の保湿のこだわりは、いかに高価で良いクリームや化粧水を使うかではなく、肌に合ったものをずっと長く使い続けられるかということです。

いくら高いクリームを買っても、それを買い続けられなければ意味がないからです。

私の場合は全身に使える1個400円から500円程で220gも入っているファミリータイプのクリームを毎日肌の状態に合わせて塗り方を調節して使っています。

顔はもちろん体全体に一年中塗っているのです。夏は薄く表面に、冬は肌になじむようにハンドプッシュしながら重ね塗りしたり。

冬になるとひじやひざがかさかさになり、かかとが割れるなどと言う人いますが、冬になり乾燥がはじまってからケアをしているからです。

夏でも冷房や扇風機の風で肌が乾燥するので、薄くクリームを塗って保湿を心がけています。そのせいか私のひじ、ひざ、かかとは一年中ツルツルです。もちろん顔も同じですよ。

ハワイなどの紫外線が強い場所に行くときだけでなく、日焼け止めも一年中使っているのですが、やはり保湿をきちんとしておいた方が効果があります。

肌の表面の角質がきちんとそろっていると紫外線を防ぐことができます。水分の足りないお肌ではきれいな角質が作られないので、結局保湿が大事だということになります。

そんな私も保湿に力を入れ始めたのは、脱毛がきっかけです。

脱毛の効果をあげるためには肌が潤っている事が大切だからです。サロンで脱毛の説明を受ける際に、脱毛部分の保湿を心がけるように指導されます。

それまでは冬になれば肌がカサつくのは当然だし、自分は乾燥肌なのだと思っていました。それゆえに化繊の肌着やストッキングが肌に合わなくてかゆいのだと。

脱毛がきっかけですが、保湿を意識するようになってから肌のトラブルがぐっと減りました。そして水をはじくほどの肌の艶を手に入れました。

顔に至っては目立っていた毛穴も目立たなくなり化粧ノリもいいです。

肌がきれいだとファンデーションの消費量が減ります。

厚化粧で肌のコンプレックスを隠している人は、まず肌の保湿をした方が良いと思います。何よりも早め早めにコツコツとお手入れをすることが大事だと思います。

さんざん放置しておいて、気になってから高価なコスメ商品を求めるよりも、日々きちんとしたケアを続けている方が、結局経済的で後悔しない肌になれます。

保湿で大事なことは、洗顔の仕方も重要です。肌の状態に合わせてお湯の温度や洗顔料を使う、使わないを選べるようになると自分の肌をコントロールできます。

ちなみに、私はこの人の体験談を読んでからファンケルのマイルドクレンジングオイルを愛用しています。保湿力にとてもすぐれおススメです。
ファンケルのマイルドクレンジングオイルお試し用の口コミ・感想

自分を乾燥肌だと思い込む前にコツコツ保湿をしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です