探偵って想像以上にいるみたい

昨日、近所のスナックに飲みに行ったら、久々に会う飲み友達から「旦那に浮気を疑われ探偵に調査されていたみたい」と、驚きの話を聞かされました。

ここから↓↓

結婚してから20年近くが経過しているので、生活の中で旦那のことが嫌だと思う時や家事をするのも面倒だと思うことや、独身時代の頃のように1週間でいいから過ごしてみたいとリアルに思う事が多々あります。

以前はそんな感情をママ友との食べ歩きや、趣味の格闘技観戦などで発散する事が出来ていましたが、40歳になった途端に、色気が出てしまったのか?食べたり、他人が戦う姿を見ることよりも自ら動いて行動する事が好きになりました。

そんな私に拍車をかけたのは、高校時代の同窓会でした。

数年前に同窓会から発展する不倫ドラマの人気から、リアルに同窓会からの浮気が増えたと聞きましたが、私の中ではそんな事あるか~いと思っていました。

しかし、高校を卒業してから初めて同窓会で再会した男性は見事に大人の男性へと変化していて、当時の面影を全く残さない人もいましたが、中には当時よりも全然いけていると思う、大人の色気にあふれる、イイ男に変貌した同級生もいました。

私は三次会まで同窓会に参加して、結果!高校生の頃は話しもした事がなかった彼をお持ちかえり?しました。

二次会の時から話がとっても合っていたのですが、彼の職歴と経歴を聞いていたら、この人にならば持ち帰りされたいと思って、狙いをつけていたのですが、三次会の席で、「この後二人でよかったら」と耳元で囁いたら、上手に周りを煙にまいて、二人になれたのです。

その日はホテルへは行きましたが、本当に朝までホテルの部屋で呑んだだけで、プラトニックだったことが完全に私のハートの火をつけたのです。

彼は×1なので、その後もデートも比較的しやすいのですが、私は度々出かける理由がありません。

同窓会の時は実家へ泊る予定にしていたので、何もばれずに済みましたが、彼と2回3回とデートを重ねるには、かなり慎重にあり完璧なアリバイを作っています。

親しいママ友の体調が急遽すぐれなくなったとか、昔の同僚から相談事をもちかけられたから遅くなるとか、あえて旦那が直接連絡を取れない人の名前を出したり、時に、妹の家に泊ることにもしてもらいました。そこはあえて近い人間を選んでいま
す。

妹には旦那以外の男性と会っているとは言いにくいので、ママ友とも飲み会が続き、旦那が良い顔しないから、妹と食事って流れで泊ることにしておいてと、妹にも完璧な嘘をついています。

万が一、旦那から連絡が来ても、そこは上手にやってくると思うので、安心です。

毎回、完璧なアリバイを作っているので、同窓会で再会した彼と4回デートしましたが、旦那には一切怪しまれてないと思っていました。

自宅にいる時は浮かれず、とにかくいつもと変わらない自分を保つことも浮気がばれないこつだと思っていたんです。

今後も旦那の前では平然を装いアリバイを完璧にしつつ彼の元へ行く予定でした。

・・・ところが完全にバレてないと思っていたのは自分だけでした。

やはり、どこか浮かれていたのか、旦那が私が浮気してるのではないかと怪しみ、探偵事務所を使ってきたのです。

しかも、家とは関係ない、高校の地元である千葉市で。なんと勘のいい夫。普段の様子からは想像もできない勘の良さにちょっと驚きました。
(探偵事務所って結構あるんです⇒浮気調査を依頼できる千葉市の探偵事務所

彼の方は独身なので、どうということはないし、私と本気で結婚したいと思ってるとは思えません。

だけど、もしバレたら彼がいるからいい、そんな単純な問題ではないので、バレないように相当慎重に行動せざるを得ないというのが今の悩みの種となりつつあります。本当はもっと会いたいんだけれど。

↑ここまで

浮気話にはそれほど驚きませんでしたが、実際に探偵事務所なるものが想像以上に沢山あることに驚きました・・・。

たかだか段ボールをゴミに出すことで、大ゲンカ

本日、以前お世話になった近所の方(浜松に引っ越していった)に渋谷で偶然再会し、長時間同居している娘夫婦の愚痴を聞かされました。

ここから→浜松市に引越しをして、娘夫婦と一緒に住むことになりました。

これまで何度か引っ越しをしていたのですが、基本的には引っ越しのときの段ボールは、1回だけは業者が無料で引き取りにきてくれていました。

ただし、それには期限もありましたが、それでも、そう悩むことはありませんでした。

しかしながら、今回の引っ越しでは、そういったものだけではない、荷物も多くありました。娘夫婦がとある商売を始めるために、その商売道具も引っ越しをした際、多く購入したからです。

引越しのとき、とにかくさっさと終わらせたいのは、荷物を開梱することでした。荷物をどんどん開けて、どんどん出していく、そして、自分のやりたいところだけは自分の思ったようにどんどん片づけていく、ということをやっていたわけです。

そうしたことをしていくうちに、引っ越し屋さんに持って帰ってもらえる段ボールがある程度出てきました。

そうした段ボールをまずはもってかえってもらわないと、新しく購入したものが入っている段ボールを置く場所にも困ってしまったので、まずは引っ越し屋さんに電話をして、段ボールを引き受けてもらいました。

そこまではよかったのです。引っ越し屋さんは、段ボールにガムテープがついていようと、しばってなかろうと、文句は言われなかったので。

大げんかになったのは、そこからのことです。まず、引っ越し屋さんの段ボールの一部が残っていましたので、それをどうするか、そして、商売に関連する物品の入っていた大量の段ボールをどうするか、という問題です。

まず自治体では、引っ越し時の大量の段ボールは、定期的な資源ごみ収集のときには、持って行ってくれない、ということが判明しました。

そういった場合には、自治体の資源ごみ収集施設に各自で搬入をしないといけない、ということでした。

しかも、そのときのルールとして、くっついているガムテープをきちんととって、ある程度の大きさで揃えて、ひもでくくってもっていかないといけない、ということでした。

だいたいにして、面倒くさいことが大嫌いな婿殿は、ガムテープなんか、少々のことだったら、大丈夫だ、の一点張り、大きさを揃えて、ということだって、この程度なら大丈夫だ、というわけです。

そこで、娘と大喧嘩。娘は、地元で商売をする、ということもあって、評判が大事だから、いい加減なことはできない、というわけです。

で、婿殿がくくっていた段ボールの紐をほどいて、きれいにガムテープをはがして、再度くくったところ、今度は婿殿が、そういったことをするならば、自分は資源ごみの収集所にはもっていかない、勝手にしろ、といいます。

最終的には、口も利かない大げんかになってしまいました。

たかだか段ボールをどうやってごみに出すか、だったのですが、大ゲンカになり、しばらくの間、険悪な雰囲気で、一緒にいてもいたたまれません…あなどれない段ボールごみ騒動でした。

こんなことならたいした金額ではないので不用品回収業者にでも依頼すればよかったと後悔しました。(調べると不用品回収業者って結構あるんですね⇒https://不用品回収浜松市.xyz

まあ、今はゴミを捨てるのが本当に大変な時代になったというとを改めて痛感。ものを増やさないような暮しを心がけていかなければと強く心に誓いました。