たかだか段ボールをゴミに出すことで、大ゲンカ

本日、以前お世話になった近所の方(浜松に引っ越していった)に渋谷で偶然再会し、長時間同居している娘夫婦の愚痴を聞かされました。

ここから→浜松市に引越しをして、娘夫婦と一緒に住むことになりました。

これまで何度か引っ越しをしていたのですが、基本的には引っ越しのときの段ボールは、1回だけは業者が無料で引き取りにきてくれていました。

ただし、それには期限もありましたが、それでも、そう悩むことはありませんでした。

しかしながら、今回の引っ越しでは、そういったものだけではない、荷物も多くありました。娘夫婦がとある商売を始めるために、その商売道具も引っ越しをした際、多く購入したからです。

引越しのとき、とにかくさっさと終わらせたいのは、荷物を開梱することでした。荷物をどんどん開けて、どんどん出していく、そして、自分のやりたいところだけは自分の思ったようにどんどん片づけていく、ということをやっていたわけです。

そうしたことをしていくうちに、引っ越し屋さんに持って帰ってもらえる段ボールがある程度出てきました。

そうした段ボールをまずはもってかえってもらわないと、新しく購入したものが入っている段ボールを置く場所にも困ってしまったので、まずは引っ越し屋さんに電話をして、段ボールを引き受けてもらいました。

そこまではよかったのです。引っ越し屋さんは、段ボールにガムテープがついていようと、しばってなかろうと、文句は言われなかったので。

大げんかになったのは、そこからのことです。まず、引っ越し屋さんの段ボールの一部が残っていましたので、それをどうするか、そして、商売に関連する物品の入っていた大量の段ボールをどうするか、という問題です。

まず自治体では、引っ越し時の大量の段ボールは、定期的な資源ごみ収集のときには、持って行ってくれない、ということが判明しました。

そういった場合には、自治体の資源ごみ収集施設に各自で搬入をしないといけない、ということでした。

しかも、そのときのルールとして、くっついているガムテープをきちんととって、ある程度の大きさで揃えて、ひもでくくってもっていかないといけない、ということでした。

だいたいにして、面倒くさいことが大嫌いな婿殿は、ガムテープなんか、少々のことだったら、大丈夫だ、の一点張り、大きさを揃えて、ということだって、この程度なら大丈夫だ、というわけです。

そこで、娘と大喧嘩。娘は、地元で商売をする、ということもあって、評判が大事だから、いい加減なことはできない、というわけです。

で、婿殿がくくっていた段ボールの紐をほどいて、きれいにガムテープをはがして、再度くくったところ、今度は婿殿が、そういったことをするならば、自分は資源ごみの収集所にはもっていかない、勝手にしろ、といいます。

最終的には、口も利かない大げんかになってしまいました。

たかだか段ボールをどうやってごみに出すか、だったのですが、大ゲンカになり、しばらくの間、険悪な雰囲気で、一緒にいてもいたたまれません…あなどれない段ボールごみ騒動でした。

こんなことならたいした金額ではないので不用品回収業者にでも依頼すればよかったと後悔しました。(調べると不用品回収業者って結構あるんですね⇒https://不用品回収浜松市.xyz

まあ、今はゴミを捨てるのが本当に大変な時代になったというとを改めて痛感。ものを増やさないような暮しを心がけていかなければと強く心に誓いました。

結婚式のブライズメイドのドレスに感動

イマドキの結婚式では若いゲスト、主に女性の友人たちに、揃いのカラードレスを着用してもらう「ブライズメイド」が流行してるんだとか。

しかも写真映えするような無地のカラードレス。色はそれこそ、白以外なら何でもアリ。

赤、青、黄、紫、オレンジ、緑、濃いのもあればパステルもある。ベアトップタイプやスリーブレス、丈はロング、ショート、ミディアムと様々。

先日、会社の先輩の結婚披露宴がアメリカンクラブというところであって、出席させてもらったんですが、先輩のお友達が全員ブルーのロングドレス着用して、ヘアスタイルはアップ。すごいおしゃれでした。

まあ、会場が相当おしゃれな場所だったんですけどね。男性のお友達はタキシードはブラックで統一、蝶ネクタイとポケットチーフ女性と同じブルー。相当素敵。

あとで先輩に、ブライズメイド素敵でしたねと言ったら、あれは式場を決める時に見せてもらった写真集で見かけたのがきっかけとのこと。

おそらく、宣伝用かもだけど、とにかく式場の入り口で全員で並んで撮影した写真が、ブライズメイド、アッシャー(男性はこう呼ばれるらしい)、新郎新婦、の写真は、白、黒、ブルーに統一されていて、ひとめぼれしちゃってね、とのこと。

ドレスはネットで探したおしてようやく見つけた型。友人には着用を依頼してOKもらって、サイズを聞いて、発注して、もちろん費用は新婦持ち。男性のは当日渡してつけてもらうことを事前に了承してもらってたんだとか。

しかも、先輩は同じ部活の同級生と結婚したから、ブライズメイドもアッシャーも部の同期ということで、もともと全員がすごくいい仲間なんだとか。当日の雰囲気でもそれは伝わってきたけどね。

後で写真を見返しても、ブライズメイドとアッシャーが揃って映ってる写真のキレイなこと、インパクト大。正にインスタ映え。今すごく流行してるのが頷けます。

ただ、思ったけど、先輩は26歳での結婚、お友達も同い年で、若くて可愛かったんだけど、これ、30過ぎてやってって言われるとちょっと辛いかも。

コスプレではないけど、その手の要素が入ることって、やっぱ、若い子だからこそなんだなって思った私。例えば観光地での浴衣のカップルとか。

ブライズメイドを正々堂々とできるのは若い証拠、つまり、昔で言う適齢期。ウェディングドレスも、やっぱり、20代で着たいなあって思った挙式披露宴でした。

そうそう、披露宴の途中で読み上げられた電報が、なんとバルーン付きで、アメリカンスタイルな感じ。

今はこんなにおしゃれな電報があるんだなってちょっとびっくり。
https://おしゃれな電報結婚式.xyz/

私も次、誰かの披露宴があって、二次会だけ参加だったら送ろうかなって思いました。

賃貸から戸建てへの引越し~子供の荷物が想定外でした!

同じ福岡市内で、賃貸から戸建てへの引越しで、子供は3歳の女の子が1人でしたので、家族3人の引越しでした。

一人暮らしの引越しは何回か経験していましたが、家族での引越しは初めてでした。準備も一週間くらい前からで大丈夫だろうと思っていましたが、想像以上の大変さでした。

一人暮らしの3倍より遥かに荷物が、増えていました。特に子供関係のものが多く、オモチャやベットなどかなりかさばる物も多く。荷造りが大変だったのを覚えています。

不要なものはこの機会に捨ててしまおうと洗濯機、電子レンジ、衣類、布団などを思い切った処分しました。無料の回収業者の、チラシが以前ポストに入っていたのをとってあったので、その業者に頼みました。対応もよく、すぐに来てくれました。

しかし、機械類や金属類のものは喜んで引き取ってくれるのですが、衣類や木材関係はベット費用がかかったように思います。それでも自分で処分する手間と時間を思えば、大した金額ではなかったように思います。

引越し屋さんは、テレビCMでもよくみる有名な業者に頼みました。値引きの交渉についての話を友人から聞いていたので、夫婦で頑張りましたが、繁忙期であったこともあり、思ったより値引きができませんでした。

噂に聞いていたとおり、目の前で上司に相談しますと電話をかけ、この場で即決ですしたら何万値引きますと言ってます。というような猿芝居もみれ、楽しめました。

引越し当日は雨でした。雨で良かったということは特にありません。引越しは晴れの日に限ります。

荷物が濡れて困ったわけではないですが、せっかくの新居なので気持ちよく引っ越したいものです。

雨と関係あるかはわかりませんが、業者さんの足がとにかく臭かったのが印象的でした。

90リットルのゴミ袋を用意し、それに入るサイズのものは袋に入れました。衣類関係は袋にポイポイと放り込み、新居で出して丁寧に
収容をしていきました。

特に雨に濡れて困るような、書籍関係などは厳重に梱包したように思います。引越し後に時間が余ったので、何かサービスをさせてもらいますと言うので、重たいものの家具配置をしてもらい、非常に助かりました。

ソファなどは中々1人では難しいものが多かったのでが、当日にある程度の配置ができたのがよかったです。

値引きのコツはとにかく即決せず、相見積をしっかりとり、業者の急かしてくるのを気にせず、しっかりと言いたいことを言うことが大切だと思います。

とはいえ、同じ福岡市内の引越しであれば、他の業者の見積もりもとって比較すればよかったかな。(ここを見て少し後悔してます…⇒https://xn--68jv21h0thmlblzb341gei3a.com/)

保湿は顔も体も年中無休!が基本

スキンケアで大事なことはたくさんあると思いますし、人それぞれの肌にもよります。しかし、すべてのスキンケアの基本につながるのは保湿だと思っています。

そしてスキンケア=全身です。

私の保湿のこだわりは、いかに高価で良いクリームや化粧水を使うかではなく、肌に合ったものをずっと長く使い続けられるかということです。

いくら高いクリームを買っても、それを買い続けられなければ意味がないからです。

私の場合は全身に使える1個400円から500円程で220gも入っているファミリータイプのクリームを毎日肌の状態に合わせて塗り方を調節して使っています。

顔はもちろん体全体に一年中塗っているのです。夏は薄く表面に、冬は肌になじむようにハンドプッシュしながら重ね塗りしたり。

冬になるとひじやひざがかさかさになり、かかとが割れるなどと言う人いますが、冬になり乾燥がはじまってからケアをしているからです。

夏でも冷房や扇風機の風で肌が乾燥するので、薄くクリームを塗って保湿を心がけています。そのせいか私のひじ、ひざ、かかとは一年中ツルツルです。もちろん顔も同じですよ。

ハワイなどの紫外線が強い場所に行くときだけでなく、日焼け止めも一年中使っているのですが、やはり保湿をきちんとしておいた方が効果があります。

肌の表面の角質がきちんとそろっていると紫外線を防ぐことができます。水分の足りないお肌ではきれいな角質が作られないので、結局保湿が大事だということになります。

そんな私も保湿に力を入れ始めたのは、脱毛がきっかけです。

脱毛の効果をあげるためには肌が潤っている事が大切だからです。サロンで脱毛の説明を受ける際に、脱毛部分の保湿を心がけるように指導されます。

それまでは冬になれば肌がカサつくのは当然だし、自分は乾燥肌なのだと思っていました。それゆえに化繊の肌着やストッキングが肌に合わなくてかゆいのだと。

脱毛がきっかけですが、保湿を意識するようになってから肌のトラブルがぐっと減りました。そして水をはじくほどの肌の艶を手に入れました。

顔に至っては目立っていた毛穴も目立たなくなり化粧ノリもいいです。

肌がきれいだとファンデーションの消費量が減ります。

厚化粧で肌のコンプレックスを隠している人は、まず肌の保湿をした方が良いと思います。何よりも早め早めにコツコツとお手入れをすることが大事だと思います。

さんざん放置しておいて、気になってから高価なコスメ商品を求めるよりも、日々きちんとしたケアを続けている方が、結局経済的で後悔しない肌になれます。

保湿で大事なことは、洗顔の仕方も重要です。肌の状態に合わせてお湯の温度や洗顔料を使う、使わないを選べるようになると自分の肌をコントロールできます。

ちなみに、私はこの人の体験談を読んでからファンケルのマイルドクレンジングオイルを愛用しています。保湿力にとてもすぐれおススメです。
ファンケルのマイルドクレンジングオイルお試し用の口コミ・感想

自分を乾燥肌だと思い込む前にコツコツ保湿をしてみてはいかがでしょうか。

ハワイの結婚式の正装は?

今度、ハワイで甥っ子の結婚式に出席することになって、久々の海外旅行に浮き足立っています。

まずはどんな服装で参列すればいいのかを調べてみたんです。

夫なんか「礼服持ってくのか?」なんて。

実はハワイの結婚式でも日本風の服装で参列するのは別にダメではないんだそう。

とはいえ、常夏のハワイ、青い空と白い砂、降り注ぐ太陽のもと、日本の礼服ねえ・・・やはりハワイらしく、男性はアロハ、沖縄県の公務員さんはかりゆし、着てるけど、ああいうイメージ。

女性は夏らしいサンドレスやワンピース、ムームーがいいんじゃないのかしら。

だけど何といっても、大事なのは甥っ子の気持ちで、どんな感じの雰囲気が希望なのか、お嫁さんの希望とか聞いておかないとね。礼服着て雰囲気壊すと悪いじゃない。

そこで甥っ子に聞いてもらったところ、アロハとムームーで統一してもらう予定で、衣装は全部揃えて渡すので心配いらないとの返事。

そうなんだ。弟の話では、なんでもお揃いのを日本で買っていくらしく、自分達で用意するのは、靴とアクセサリーくらいだとか。

男性はパンツも必要ね。男性の靴は革のスリッポンスタイルでいいみたい。

せっかくなので夫に焦げ茶を新調しようと思いますね。あとパンツは夏だからといってハーフパンツは非常識みたいで、薄い色のスラックスがおすすめとのこと。

これもちょっと細めのを、店員さんに見立ててもらって買おうかな。ま、夫のパンツだからユニクロでいいなと思ってますけどね。

女性の場合、庭とか歩くこともあるのでピンヒールは避けた方が無難みたい。歩きやすいけど、女性らしいサンダルとか用意しましょうとのこと。

白っぽいので、歩きやすいのがあるけど、ネットで探してみようかな。

あと、お花のレイとか、髪飾りもあるといいみたいだけど、ムームーの模様がアクセサリー的な華やかさがあるし、アラフィフでお花をヘアアクセにするのはイタいから、何もなしでいいかなと思います。主役でもないので。

弟は、もし、姉さん達も柄の希望とかあればハワイやグアムの挙式用ムームーが揃う店あるから、見ておいてと言われました。⇒ハワイ挙式 ムームー

選んでいいの?って聞いたら、いや、一応息子に言ってみるだけだって、笑。言う権利なんかないので、楽しませてもらうだけにしておこうかと。

それにしてもハワイの写真って、絶対現地に行くより、見てる方がテンション上がるよね。

このサイトにある家族写真とかね、本当に小さい子のアロハやムームーって可愛いわあ。孫がいたら、今回お揃いで着るなんて、想像するだけで楽しそう。その前に結婚だけど。

ハワイでは甥っ子の結婚式参列以外は自由行動が5日もあるので、今から何をしようかワクワク楽しみ。

海以外にもトレッキングとかハイキングとか、結構森系も充実し
てるらしいので、色々調べて行くつもり。

姪っ子の結婚式で親戚がお揃いのアロハ!

27歳の姪っ子がハワイで結婚式を挙げることになって、来月、親戚一同で参列します。

久々のハワイ!も相当楽しみだし、アロハな結婚式もワクワクします。

乾期だから、雨の心配もあんまりないみたいだし、気温も高めで空気もカラリとしていて、過ごしやすいんだとか。

青い海と空と芝生のコントラストが抜群に美しいお庭で撮影もあるとかで、今からテンション上がってます。叔母なのに。

それで、姪っ子からのお願いとしては、男性はアロハシャツ、女性はドレスで男女お揃いの生地か、又は男女別でもいいので、日本で揃えて欲しいと。

ワイキキでも買えるし、レンタルショップで選ぶことも可能だけれど、人数分お揃いは難しいのと、そんな用事で貴重なハワイ滞在時間を使うのはもったいないからとのこと。

確かにそうだよね。着る物のことで、お土産ならまだしも、参列の衣装で悩む時間はもったいない。

まず、ハワイの結婚式に参列する人の衣装について調べてみると、男性の正装はアロハシャツに、スラックス。短パンはやめた方が無難。

女性の正装はムームー。袖は短めで(普段着で言うと、フレンチスリーブくらいの感じでしょうか)、ゆったりとしたAラインのシルエットのドレス。

スカート丈は決まりがなく、若い女性ならショートでも失礼にはなりません。ミモレ、ロングもあります。

柄は鮮やかなターコイズブルー、オレンジ、グリーン、イエロー等はっきりした色から、もっとくすんだシックな色まで様々。

ハイビスカスやタートル等のハワイのモチーフがデザインされているものが多く、いかにもハワイといった雰囲気をまとえます。

写真に映った時の色としては、鮮やかなブルーやオレンジが、新婦の白を引き立てるかなと思います。

姪っ子からは特に色の希望は出てないけれど、男性はターコイズブルー、女性はオレンジで揃えたらどうかと思案中。

大体のマナーが分かったところで、問題なのはどこで調達するかということ。

お揃いのアロハなんて、どこで売ってるのかしら?と思って探したら、ちゃんとアロハ専門店があるんですね。

現地の価格で通販できるお店もあるみたいで、予想よりリーズナブル。お揃いが多く揃うお店と紹介してる日記がすごく参考になりました。⇒アロハお揃い

ここなら、子どもの分も揃うので、既婚の甥っ子の子ども達の分も買えるんじゃないかしら。

お揃いって、この年齢ではもう着ることないから、なんだか気恥ずかしいけど、それはそれで非日常感があって楽しそう。

滅多にハレの日がない今日この頃、姪っ子のハワイ挙式ではめいっぱい楽しんでこようと思ってます。

おひとりさまのハワイも楽しんでる!まやです。

ハワイ大好き、アラサー女性のまやです。東京で会社員をしながら、長期休暇やミニ連休は友達や家族、時にはおひとりさまのハワイを楽しんでます。

みんなに「又行くの?」「他にもいいところたくさんあるよ」って言われるけれど、笑。

ハワイの良さはひと言ではとても言い尽くせないけれど、何が一番好きか?と聞かれれば、間違いなく、風と答えるかな。

あと、ハワイには海だけじゃなくて、熱帯らしい川や森、谷、山もあって、初心者から上級者まで楽しめる、トレッキングやサイクリングなんかにも最近はチャレンジしています。

ハワイっていうと、ワイキキのショッピングとグルメ、あとはオプショナルツアーでマリンアクティビティか観光名所に行くくらいと思ってる人が多いけど、私はもっと色々な楽しみ方があると思ってます。

誰にとってもパワーチャージできる場所があったり、有名じゃないけど、素敵な景色が眺められる場所があったり、今はたくさんのSNSで調べることもできるしね。

私の場合毎回テーマを決めて、やることも、食べるものもしっかり決めてからハワイに飛んでます。

多分、この時期を過ぎると、ひたすらゆるやかに過ごすようになる、とも言われますが、まだまだあれもこれも、行ってみたい、食べてみたいが尽きない段階かな。

日本語が通じるハワイだけど、やっぱり英会話が得意だと何かと便利。ネイティブに負けない英語ぺらっぺらの友達と行くと、その姿がかっこいい。

やっぱり直に英語でコミュニケーションとれるのって憧れるし。

私ももう一度、中学からの英語をやり直そうかな?と思ってみたりします。