結婚式のブライズメイドのドレスに感動

イマドキの結婚式では若いゲスト、主に女性の友人たちに、揃いのカラードレスを着用してもらう「ブライズメイド」が流行してるんだとか。

しかも写真映えするような無地のカラードレス。色はそれこそ、白以外なら何でもアリ。

赤、青、黄、紫、オレンジ、緑、濃いのもあればパステルもある。ベアトップタイプやスリーブレス、丈はロング、ショート、ミディアムと様々。

先日、会社の先輩の結婚披露宴がアメリカンクラブというところであって、出席させてもらったんですが、先輩のお友達が全員ブルーのロングドレス着用して、ヘアスタイルはアップ。すごいおしゃれでした。

まあ、会場が相当おしゃれな場所だったんですけどね。男性のお友達はタキシードはブラックで統一、蝶ネクタイとポケットチーフ女性と同じブルー。相当素敵。

あとで先輩に、ブライズメイド素敵でしたねと言ったら、あれは式場を決める時に見せてもらった写真集で見かけたのがきっかけとのこと。

おそらく、宣伝用かもだけど、とにかく式場の入り口で全員で並んで撮影した写真が、ブライズメイド、アッシャー(男性はこう呼ばれるらしい)、新郎新婦、の写真は、白、黒、ブルーに統一されていて、ひとめぼれしちゃってね、とのこと。

ドレスはネットで探したおしてようやく見つけた型。友人には着用を依頼してOKもらって、サイズを聞いて、発注して、もちろん費用は新婦持ち。男性のは当日渡してつけてもらうことを事前に了承してもらってたんだとか。

しかも、先輩は同じ部活の同級生と結婚したから、ブライズメイドもアッシャーも部の同期ということで、もともと全員がすごくいい仲間なんだとか。当日の雰囲気でもそれは伝わってきたけどね。

後で写真を見返しても、ブライズメイドとアッシャーが揃って映ってる写真のキレイなこと、インパクト大。正にインスタ映え。今すごく流行してるのが頷けます。

ただ、思ったけど、先輩は26歳での結婚、お友達も同い年で、若くて可愛かったんだけど、これ、30過ぎてやってって言われるとちょっと辛いかも。

コスプレではないけど、その手の要素が入ることって、やっぱ、若い子だからこそなんだなって思った私。例えば観光地での浴衣のカップルとか。

ブライズメイドを正々堂々とできるのは若い証拠、つまり、昔で言う適齢期。ウェディングドレスも、やっぱり、20代で着たいなあって思った挙式披露宴でした。

そうそう、披露宴の途中で読み上げられた電報が、なんとバルーン付きで、アメリカンスタイルな感じ。

今はこんなにおしゃれな電報があるんだなってちょっとびっくり。
https://おしゃれな電報結婚式.xyz/

私も次、誰かの披露宴があって、二次会だけ参加だったら送ろうかなって思いました。